記事一覧

エマージェンザ・ジャパン2014 決勝リポート

7月5日(土)に渋谷 TSUTAYA O-EASTで、エマージェンザ2014の日本決勝が開催されました。

準決勝を勝ち抜いた13バンドが出場。会場の観客の挙手による投票で7バンドが選ばれ、さらに審査員の審査によって優勝と審査員各賞が決まりました。

優勝を手にしたのは、The Asphere'sです。

出場バンド:乱舞虎 / Pm7(ピーマイナーセブン)/ チープBlue / ILLDEPENDENCE / TingelTangel / 廃人トニック006 / ヤジルシ / THE TIST / 春夏秋冬~4seasons~ / JOSY / The Asphere's / OREZEBRA / Scopy You Trinity ※全13バンド(出演順)

 優勝 The Asphere's
 2位 廃人トニック006
 3位 JOSY
 4位 OREZEBRA
 5位 TingelTangel
 6位 Scopy You Trinity
 7位 春夏秋冬~4seasons~

優勝が決まった瞬間
ファイル 44-1.jpg

優勝したThe Asphere's
ファイル 44-2.jpg

2位 廃人トニック006
ファイル 44-3.jpg

3位 JOSY
ファイル 44-4.jpg

4位 OREZEBRA
ファイル 44-5.jpg

5位 TingelTangel
ファイル 44-6.jpg

6位 Scopy You Trinity
ファイル 44-7.jpg

7位 春夏秋冬~4seasons~
ファイル 44-8.jpg

審査員各賞
kampsite特別賞(川村ケンスケ氏によるPV制作) 廃人トニック006
ベストヴォーカリスト賞(SHURE sm58 wireless microphone) cumi(JOSY)
ベストギタリスト賞(MARSHALL DSL100H、MG412ACF) JIEI(OREZEBRA)
ベストベーシスト賞(FENDER JAZZ BASS) 斎藤タカフミ(THE TIST)
ベストドラマー賞(Sabian シンバル3枚) Tomorrow Tonic(廃人トニック006)

ベストヴォーカリスト cumi(JOSY)
ファイル 44-9.jpg

ベストギタリスト JIEI(OREZEBRA)
ファイル 44-12.jpg

ベストベーシスト 斎藤タカフミ(THE TIST)
ファイル 44-11.jpg

ベストドラマー Tomorrow Tonic(廃人トニック006)
ファイル 44-10.jpg

<コメント>

例年以上にレベルの高い決勝でした。

今年は疲れを感じずに、13バンドプラス、ゲストのAvaivartikaまで見終わりました。例年なら全バンドが終了したころには、こちらもぐったりという状況です。

だいたい全13バンドを写真を撮りながら見続けること自体、体力的にも厳しいものがあります。この日に備えての体調管理がうまくいったということもあったとは思うのですが、なによりつまらないバンドがひとつもなかったということが大きいと思いました。

スタートから感じたのは、決勝という場とO-EASTという会場のせいで、さすがに緊張しているなと感じたバンドがあったことです。

トップバッターの乱舞虎は、その緊張感から予選・準決勝で感じたアクが抜けて、返って好感度の高いステージだったような気がします。

逆にそれがマイナスとなったと思ったのはTHE TISTで、若干淡泊なステージになってしまったようです。

そんななかでチープBlueは、二人のユニットにも関わらず、大きなステージであることもお構いなくチープBlueワールドを作り出していたのはお見事です。おまけに曲間に予定していた音源が流れずというハプニングがあったようですが、いささかも動じず。脱帽です。

思いがけず感動してしまったのは、ILLEDEPENDECEでした。基本歌メロはなく、ラップのみでの進行にも関わらず、楽器隊のリフがうまく絡んで何ともいえない盛り上がりを作っていました。ボイスと楽器の役割が、普通のバンドとは逆の形でリスナーに働きかけているような気がしました。

JOSYは、ベスト・ヴォーカリスト賞も獲得したのですが、インストの演奏に比べて、歌は物足りませんでした。歌メロがいまひとつ魅力不足のような気がします。

ヤジルシは、やはりインスト部分に魅力があるバンドですが、そのせっかくのインスト部分の細部の詰めが若干甘いように感じました。楽器間の音が、最適に詰め切れていない。ちょっと残念です。

廃人トニック006の重厚感はすごいと思いました。音楽はファンクがベースだと思うのですが、廃人トニック006ならではの、ファンク・メタルともいうべき曲があって、聴きごたえがありました。

また、The Asphere'sは、大きなステージを楽しんでいる様子が見て取れ、会場の深いリバーブをたっぷりボーカルに掛けたりして、会場であるO-EASTを味方につけた感がありました。優勝の勝因はそこにあったかもしれません。

※コメントは、インディーズチケットオンライン管理人の個人的な見解に基づくインディーズ批評の試みです。

エマージェンザ・ジャパン2014 決勝 Live Information

エマージェンザ2014の日本決勝が、7月5日(土)に渋谷 TSUTAYA O-EASTで開催されます。予選・準決勝を勝ち抜いた13バンドが出場します。

Emergenza Japan 2014 決勝

日時:2014年7月5日(土)  開場/開演 15:40 / 16:15
会場:TSUTAYA O-EAST 〒150-0043 渋谷区道玄坂2-14-8 2F
前売/当日:¥3,000 / ¥3,500 ドリンク代¥500別

出場バンド(得票数順):

・OREZEBRA(288票) Alternative Rock
ファイル 43-1.jpg

・JOSY(193票) Psyco Rock
ファイル 43-2.jpg

・Scopy You Trinity(192票) Pop
ファイル 43-3.jpg

・The Asphere's(181票) Alternative Pop Rock
ファイル 43-4.jpg

・春夏秋冬~4seasons~(172票) Pop Rock
ファイル 43-5.jpg

・TingelTangel(172票) Pop Rock
ファイル 43-6.jpg

・THE TIST(154票) Rock
ファイル 43-7.jpg

・廃人トニック006(150票) Popular
ファイル 43-8.jpg

・ヤジルシ(132票) Rock
ファイル 43-9.jpg

・乱舞虎(129票) Asian
ファイル 43-10.jpg

・Pm7(ピーマイナーセブン)(120票) Pop Rock
ファイル 43-11.jpg

・チープBlue(102票) Acoustic
ファイル 43-12.jpg

・ILLDEPENDENCE(87票) Rap
ファイル 43-13.jpg

 ※全13バンド ()内は準決勝での得票数

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

過去ログ